アシュタンガヨガとは

アシュタンガヨガは南インドの都市、マイソールにある

Sharath Yoga Center (SYC)で教え伝えられ、世界中で多くの人々が練習する最も伝統的なヨガの流派の一つです。

運動量が多いタイプのヨガとして知られていますが、伝統的な練習方法で行えば誰でも無理なく始めることができ、心身の成長や変化を促すことが可能な洗練されたシステムとなっています。


近年では出勤前にアシュタンガヨガを練習してから出社する会社勤めの方や、家事が一段落した午前中に練習をする主婦(主夫)の方、またはパフォーマンス向上を目的としたアスリートの方など、老若男女問わず幅広い層の方々が、生活習慣の一つとしてアシュタンガヨガを毎日の暮らしに取り入れています。


アシュタンガヨガを行う目的は、腰痛肩こりといった身体的な問題の改善や、身体能力の向上、精神面の安定や鍛錬から美容ダイエットと人により様々です。ですが共通することは、正しい方法で練習を継続すればクオリティ・オブ・ライフの向上が期待できる、ということです。


アシュタンガヨガがもたらす、想像以上にポジティブな変化に驚く人も少なくありません。

練習中に大切なこと

アシュタンガヨガの練習中は決められたアーサナ(ポーズ)のシーケンスを順番通りに行います。各アーサナは、ヴィンヤサと呼ばれる動きと呼吸を同調させるテクニックを用いて繋げられていきます。

練習中に大切なことは3つ。「呼吸」と「ドリスティ(目線)」そして「アーサナ(ポーズ)」です。サンスクリット語で「トリスターナ」と呼ばれるこれら3つの重要事項はアシュタンガヨガの練習に欠かせません。

ちなみに「バンダ(呼吸で生じるエネルギーを利用するテクニック)」は呼吸とセットで扱われます。


アシュタンガヨガでは、練習中ずっと自分の呼吸の音に耳を澄まし、意識を呼吸へと向けていくことにより集中力を高めます。無理をして深く体を折り曲げて呼吸を荒げるよりは、むしろ深く安定した呼吸を保つことが可能な、無理のない範囲でアーサナを行うことが推奨されます。


次に各アーサナではドリスティといって、目線を置く場所が決められています。アーサナをキープしている間(多くは5呼吸する間)ドリスティをしっかりと見つめて集中します。代表的なドリスティには自分の鼻の頭、眉間、手のひらなどがあります。また、同じアーサナでも練習の深度によりドリスティの位置は変化することがあります。


トリスターナの残りの一つはアーサナです。ここにはアーサナの正しいアライメント(体の使い方)に気をつけたり、ヴィンヤサを正確に行ったりといったことも含まれますが、体の声に耳を傾けて無理をし過ぎないようにすることも大切です。鋭い痛みや関節に違和感などを感じた際は、すぐに練習を中断して様子を観察してください。


また、自分で勝手に新しいアーサナを練習しない、ということは重要です。アーサナは通常、先生が生徒の練習の進み具合を見て判断し伝えられていきます。多くの場合、あるアーサナは次のアーサナの準備となっているため、各アーサナをきちんと練習できるようになるまでは、安全のためにも自分の判断で次のアーサナへ進むべきではありません。

グル・パランパラ

アシュタンガヨガ発祥の地インドでは、昔から師匠から弟子へ、そしてそのまた弟子へと教えが脈々と直接受け継がれていく知識の継承(サンスクリット語で「パランパラ」)を大切にしており、アーサナに限らず、ヨガの教えはこのパランパラで伝えられるべきであると考えられています。


パランパラについての詳細はアシュタンガヨガ正式指導者、津川晃子氏のサイトに記載がありますので以下からご覧ください。

Parampara

アーサナはアシュタンガヨガの伝統的な練習方法であるマイソールクラス中に伝えられます。マイソール広島のクラス内容についてはこちらでご案内しています。